とくしまバーガー(8個目)

今回は、前回の小松島の“とくしまバーガー”を意識して、松茂の“とくしまバーガー”を食べてみた。

そろそろ、ダレてきた第8個目。

はじめに明かしてしまうと、このバーガーは、県内ではグランプリを受賞したそうで、全国では8位となっている。

見た目に大した特徴はない。バンズに何か練られているようだが、ほうれん草であるという。
めくると、純粋に肉だけのパティとレタスにトマト。あと少しばかりの酸味がある。
ほぼ確実に、すだちかもしれない。

グランプリというだけのことは、ある。
安易に手を出した他店のような、自己の客観化を忘れた紋切りバーガーよりかは、格段に肉の味がする。
その点、なかなか驚きではあるものの、結局、徳島らしさも、原点に帰すのが吉らしい。

筆者の大嫌いな価値相対主義でいうならば、現時点では、至極まともだ。
ただ、満点ではない。

バンズはモッチリと歯に抵抗して噛みにくいし、肝心の肉をお決まりの水分(主にトマト)で受け止めて、パティの上に阿波牛のスライスを乗せるという蛇足は、自信のなさの現れか?
せっかく、肉の味がしていたのに、余計な味付けで安っぽい牛丼を食べているかのような風味を生み出し、喉元過ぎても、しばらく口内にとどまり続ける。

それがなんとも、県人好みの野暮ったい味で、他所との違いを優越感ではなく、差別意識と自戒して、逃げ切ることもなくゴール手前で後者の到着を待つような感覚。
もしくは、別れた恋人との想い出を処分したつもりでも、部屋の片隅に、遺品がなお飾ってあるかのような未練がましい工夫が、このバーガーの限界を如実におしえた。

大衆に評価されるということは、さして重要なことではない。
人間は常に、利己的でアホだから、皆が食べるから食べるというバンドワゴン効果やら、無難なものを選んでいく美人コンテストの理論でしか動いていないことくらい、普通の人ならば、コモンセンスとして体現している。

そこには、グランプリやら全国8位という結果も意味をなさない。むしろ、評価されるということに不名誉を感じるべきで、批判はそよ風のごとく心地よい境地でありたいな!

かつてより、筆者が、このとくしまバーガーをおちょくっている背景には、評価の基準が判然とせず、どれもかしこも無難なものに落ち着いてしまう、味覚オンチ達へのアンチテーゼだ。

地域活性化という空虚な意気込みを掲げて何かを作ろうとしたとき、まず、企画から販売までの過程において、経済団体やら商工会、青年会議所という世間(コネ)と否応なく関わらなければならない。が、しょせん世間とは“私”の領域であり、私的感情が支配している。
とくしまバーガーを売る組合の設立趣旨書は、そんな不満を慰める唯一の笑いだ。

小林よしのり風に言うならば、その世間がいつの間にか、同調圧力に変化して、周囲をシラケさせてでも物事を完遂する意志を奪い、乏しい発想を制約のせいにして、お客の声とやらを“無難”にすり替え、「結果」ではなく「過程」に満足していく。
そこには、徳島のモノさえ使えば良いと信じこむ、協同主観しかなく、クリエイティブな発想はこぼれてばかりだ。

これでは、県民がわけもなく食べている食材に、内向きな付加価値を付けてしまうだけで、誰も幸せにはならない気がする。

総じて、当為がないのだ。とくしまバーガーとは、こうあるべきである。という当為が。
当為があるならば、あからさまな外見であろうが、自己主張のない質素なものであってもいい。
だが、いいとこ取りをしたつもりが、中立という安全地帯に逃げ込むだけであるのなら、“こうもりバーガー”と呼べばいい。そちらのほうが、よほど理念が明確だ。

筆者に、奇抜なアイデアはない。それは、飲食店が考えろ。
空港という地の利においては、無難なものはナメられるしかない・・・。