イージークリーン

おとといの19日、性懲りもなく遍路道の掃除があった。

一年ほど前にも、掃除をしていて、その後は、ほとんど忘れ去られた。そして、忘れたころに眉をひそめるという人々の関心のなさに少しあきれた。

ところがその横では、あいかわらず「遍路道を世界遺産へ!」という意味のない運動とともに、新人研修だの社会貢献などという名目で扱われ、そもそもゴールもターゲットも皆無にひとしい。

そういえば、ショー・コスギの映画はどうなったのか?




ゴミは捨ててはいけない。そんなことは知っている。
問題なのは、メディアが追って伝えないこと。事後報道では、学級新聞と大差ない。