ユニット対抗全国ツアー(名古屋)

9月22日、名古屋で開催された「Aqours LIVE & FAN MEETING 2018 ユニット対抗全国ツアー」、AZALEAファンミに参加してきた。

久々の名古屋だぎゃー!

名古屋は、推しの子センターの冠ツアーである2ndライブの出発地であり、思い出の地である。また来れて本当に良かった!

スタートとなる札幌公演は、折しも北海道地震の影響で中止になり、今回が事実上の開幕である。

今回は、ユニット別ということで集まったファン層も推しが偏って、いささかいつもと違う雰囲気。
あいかわらず、すわわは可愛い・・・。
「GALAXY HidE and SeeK」の衣装も可愛いかったが、衣装のわき食い込みとへそ出しに「ななかちゃん!おヘソ出とる!!!あかんて!」と勝手に心配興奮している自分が心底嫌になる(;´д`)。

掛け算式に人気が爆発するいつもの9人とは違い、会場が埋まるか心配だったとの声もあるが、一応、満席。いつもながらのファンミのノリで淡々と進んでいき2時間ほどで終了。
始まりは、客席から入場してファンを驚かせるし、半券にてサインTシャツもプレゼントする太っ腹イベント。
二回目以降も同じことをやったが、この驚きは、開幕第一回公演でなければ味わえない瞬間である。

ただ、予想はしていたが、やはり回数を稼ぐためユニット別にしたのは間違いだったかも。
確かに、AZALEAだけに会えて集中できるのは、稀なことだと思うが、グループとしての存在感や演目の厚みが圧倒的に足りていなくて、少し物足りなさも感じてしまう自分もいた。

とりわけ、開演にあたって不快なことがあったわけではないが、どちらかといえば、ネガティブな感想。
これがあと半年も続くとなると、どこかで作業感が出てこないか先が思いやられる・・・。

2018年という、平成最後の年は、Aqoursにとってどんな年だったのであろう。厳密には平成31年もファンミ中ではあるが・・・。
ファンミにはじまり、函館ライブ、3rdライブツアー、今回のユニット別ファンミ、11月には4thライブであり、一回の重みがどんどん軽く感じてしまうのは、みんな同じ想いであろう。

ユニット別ファンミのテーマ曲の歌詞にもある、

さあおいで さあおいで
いそがないと 置いてくよ?

という箇所は、疲弊したファンへの鼓舞なのか、はたまた終わりに近づくなにかであろうか。

μ’sが手探りで築きあげた6年をAqoursは2年でやってのけ、写真集やらネット番組など、本業が何なのかよくわからない活動にバラ売りが始まりつつあって、複雑な気分で応援している自分を再確認してしまった。

美人は3日で、虹は1時間で飽きるとは言うが、イベントやライブが多すぎるのも値打ちを下げて、考えものである・・・。

そんなこんなで愚痴、終わり。次は、仙台公演にて。

そして、こちらは恒例のすわわへのプレゼントBOX。

いつもなら一番乗りで手紙を入れられる入場順だったが、今回はファン層が偏っているので、すでに何通も入っていた。箱が買い物かごなのが無性に気に入らなかったががが・・・!