今年一番、動揺したという記録

12月1日、東京・秋葉原で行われた、すわわの「1st写真集」のお渡し会に行ってきた。

写真集とは、これのこと。

すわわとは、わりと縁があるようで、なんだかんだとイベントに当選していて、今回もやっぱり当選。運がいいとしか、いいようがない・・・。

会場は、ここ。

約100人の定員を3回に分けてお渡しするという形で、筆者は一番最後、三回目の参加である。
昼前に秋葉原に到着するが、緊張でドキドキとお腹が痛くなったり、軽く吐き気がしたりと自律神経が不安定で気が気でなく、Twitterなど見て平常心に務める。

だがしかし、お渡し会を終えた参加者のレポによれば、名前を写真に書いてくれるということでテンションが上った!マジか!!!!夢ではないよな!?\(^o^)/
嬉しいやら、緊張の追い打ちやらで、楽しみなのに、はやく済ませたいこの気持は、なんだろう・・・。

そわそわしつつも、集合時間30分前に会場に着く。店先には、同類の仲間がチラホラいて少し気持ちが安らいだ。
やはり、こういうとき、一人でいてはいけないのだ。

会場に入ると、本人確認と座席の抽選。
ちなみに番号は「60番」である。後ろの方で見えにくかったが、これは後に神席となる。

4時ジャスト、イベントがスタート。すわわ登場、やっぱり可愛い。なんだ天使か・・・。
冒頭のトークは、写真撮影の裏話。なるほどなるほどなるほどね。

そして、撮影で使われた「木製のチューリップ」のプレゼント抽選もあり会場がざわつく。
ものすごい倍率を勝ち抜いてここに座っているだけでも幸運なので、さすがに当選はしないであろうと、どこか他人事のように構えていた。ところが、すわわが抽選箱から紙を取り出し、何やら上下の確認をしているかと思ったら、

「60番の方ー!」

と、まさかのいきなり当選で動揺した。
ほんまにもらっていいんですか・・・。妙な汗が出た。

ここからは、動揺だけで何が何だかふわふわしていた。

自分の番になっても、動揺でマスクを外さずお渡しされてしまって、ちょっと失敗。
チューリップを持っていたこともあり、印象づいたのか積極的に話しかけてくれたし、何より普通に覚えていてくれたことも、この上なく嬉しい。

時間もいつもよりゆっくりと流れていた気がする。スタッフによる制止や剥がしもなく、まあまあ、話ができたのではないか。二週間後、仙台にてまた会いに行くと伝え、手を振り壇上を後にした。控えめに言っても、すわわは最高である。

直筆でもらった写真には、本名を書いてもらえて手が震えた。
神棚に飾って家宝にするしかない。このブログデータを読むかもしれない未来の子孫、親族一同に書いておく。絶対にこの写真は処分するでないぞ!!!

ひとまず、フォトフレームを買って宿で鑑賞。確かに自分の名前が書かれている。ずっと眺めていると、名前の意味が飽和してきて、軽いゲシュタルト崩壊をも味わってしまう。

写真集も広げてみたら、確かにすわわが持っているチューリップと同じで、変な声が出た。

一生、大切にします!!!!

そして、改めて、これからも大事に応援していこうと誓う、筆者なのでありました。

おわり。