反射とステレオタイプとパブロフの犬と

 産経新聞のコラムに書いてあったのであるが――、

 韓国では王朝の時代より学者が政において重宝されてきたが、日本では、視野の狭い専門家が政に係るなどもってのほかである、と軽く見られる傾向があるのは、双方のお国柄であるという。

 そのとおりだと思う。だから、学者や公僕であるメディアは、固定観念や偏見を打破する役割があるのであろう。
 けれども、近頃の安保審議については、朝日共産を筆頭に、定義してから見るという相変わらずのステレオタイプで、すぐにでも戦争がはじまるかのよう。

 徳島駅前でも、連日、戦争をさせないのだと奇妙なビラを配る集団がいたりして、とても不気味に思ったりもする。
 筆者は安倍政権に批判的な立場であるが、戦争ができる国にならないかぎり、いつまでも周辺諸国のゴロツキ国家にちょっかいを出され、謝罪し、金を巻き上げられることになるからだ。
 おかしきかな、旧戦勝国は、日本についてこれといった不満もわだかまりもない。にもかかわらず、戦ってすらいない国にへいこらし、偽りの歴史を現在の価値観で解釈する非歴史的な業はやめようではないか。
 戦後70年の談話にせよ、性懲りもなく謝るならば、

「70年前、戦争に負けてすみません!」

 と国内に向けてやってもらいたいわけであるが、結局、先日の訪米時には、「慰安婦」を「女性の人権」という言葉にすり替えて世界に向かって謝ってしまった。
 このことに米国は日本を評価した。なぜなら、彼らの感覚では、女性の人権=性奴隷(慰安婦)だからだ。

 悲しきかな第一次安倍内閣のときと、同じ轍を踏んでいる。戦後レジームからの脱却とは、国民を欺くことをいうのだろう。
 おそらくこのまま、全ての法案は、米国様に抱きつくための主体性なき自主独立にすり代わり、岸信介も驚きの結末になりそうだ。

 こんな気味の悪い総理大臣が、日本をどうこうできるとはとうてい思わないのであるが、右寄りのメディアは、問題沙汰にする気配すらない。
 つまるところ、安倍政権は「善」であるという前提でもって、ステレオタイプというわけだ。