否定と更新が足りない

 文化にも寿命がある、とはよく言ったもので、一般的にそれは50年程度であるといわれる。
 よしんば、残ったとしても、すでに大衆のものではなくなっていることがしばしば。

 7月も中旬になり、盆を意識し始めると、確かにそうだと、一時、週刊誌を賑わせた「阿波踊り中止問題」が思い出される。

 知らない人のためにはしよって説明すると――、
 阿波踊りとは、徳島の伝統芸能でもなんでもなく、日本で唯一の社団法人である徳島新聞社主催のイベントである。
 このイベントを運営するのが徳島市観光協会であり、しわ寄せと慢性的な赤字体質に陥れた新聞社との対立が週刊誌やワイドショーによって明るみに出たというもの。

 このままでは開催中止というところまでいったものの、その間、新聞社はダンマリを決め込み、先日、ベタ記事に「徳島市が補填するから心配ない」というような、腑に落ちない解説によって幕引きとなる。

 真相は、どうでもいい。
 そもそも、阿波踊りの起源は盆踊りや風流踊り、築城記念とさまざまではあるが、本来は、大衆のものであったはず。それが、いつの間にやら、運動家しかいないような新聞社が主催するようになってしまった。大衆の敗北である。
 なぜなら、文化を生き長らえさせる努力をしなかったから。

 徳島県人というものは、とかく変化を嫌い、何もしないことを「ホシュ」と呼ぶ。
 結果、あれやこれやと壊れていってなお、先進が足りないのだと左側で左右にゆらゆら振れているのが実態である。

 これは、新町西再開発事業についても言え、ただただ音楽ホールなどいらないと白紙撤回の市長を当選させるありさまで、閑散としたアーケード街の活性化という目的をみごとに忘れてしまっているではないか。
 音楽ホールは、老朽化による立替であり、当時用地もなかったから再開発とパッケージになったわけで住民の大半が賛同した。
 にもかかわらず、マキャベリ的知性仮説のごとく、他所から来た反対のための反対者が一部の弱者の見方をするふりをして、長年かけてまとまった話をひっくり返すというウルトラCを完遂し、徳島駅横に音楽ホールを作るのだというから、頭がどうかしているとしか言いようがない。

 それもそうか。女子高生のパンツの写真を視察の資料だと言い張る市議がいるくらいだから、ボスが大したことがないことくらい容易に想像がつく。県もしかりだ。
 世は、加計学園問題で国会は国の体をなしていないけれども、徳島も同じような問題を「徳島へカモーン!」な知事が絶賛進行中ときた。

 筆者は、徳島が素晴らしい土地であるとは思わないし、何の魅力があるとは思わない。可能性があるとも思えない。
 ただ、変わってほしくないとは思っている。

 それは、変わらないために変化して、否定して更新するという作業の繰り返しである。
 徳島に足りないものは、おそらく、これに違いない。