フィクションの扱い方がおかしい

お笑い芸人・矢部太郎作の漫画「大家さんと僕」の大家さんが亡くなったことが、にわかにニュースとなっていた。

日本では不思議なことではない。振り返れば、島耕作が社長に就任したさいは、日経新聞が特集記事とインタビューまで掲載したし、コボちゃんに妹が生まれると読売新聞もデカデカと記事で祝った。

一見すると、平和で、ほのぼのとするニュースであるかのように見える。

しかし、斜めからこの風潮を危惧すると、あくまでそれはフィクションであるということで、そのフィクションもどの程度まで真に受けて愉しめばいいのかということ。
さじ加減が個々の生きてきた常識と、大げさに言えば表現の自由にすら触りそうで、薄気味悪く感じることもある。

しばしば、表現の自由にひっかかりやすいのは、性と暴力に関する表現。フィクションであっても現実のものであるかのように、諸外国や左巻きの人々は言う。
児童ポルノはいけないが、童顔で幼児体型の成人はNGというように、現実と架空の区別があいまいで、いま話題の「バーチャル専業主婦の麗子」などは、傷だらけの姿で夫に愛されている時間が幸せだとDVを彷彿とさせる闇を抱えて波紋状態である。

いやいや、いうてもフィクションやからな、これは・・・。
創作物は人権侵害にはならないと、あの国連にて世界が喝采をおくったばかりであるのに。

コボちゃんや島耕作は、おふざけのほのぼのニュースでいいだろう。性と暴力は、眉をひそめる人もいるだろう。しかし、フィクションの登場人物が亡くなったことをわざわざSNSで拡散し、SNSでご冥福をお祈りされることに強烈な違和感を感じるのは自分だけであろうか。

少年漫画で育った人間としては、何人の登場人物にご冥福をお祈りしなければならないのか指折り数えてしまうし、ドラゴンボール風に言えば「クリリンのことかー!」と叫びたくもなってくるが、お笑い芸人は、面白いことだけ考えて笑わせてほしいものだと、思うこの頃でありました。

時事怪々

御茶ノ水女子大が、トランスジェンダーの受け入れを、近い将来するのだというニュースをみた。
偏見や差別意識をなくすのが目的だそうで、学びを受け入れるのは自然なことなのだそう。

さよですか。これでは、少数派への配慮が男女の「らしさ」を否定しかかっていて、完全に誤ったジェンダフリー方向・・・。もう女子大やめたらといった感じだ。

例えば、心は少女でもゴリゴリのおっさんが入学してきたとして、一緒に着替えましょうトイレで連れションしましょうなどとなったら、ハッキリ言って、気持ち悪いので筆者ならそんな学校、進学御免となるだろう。
心の病は理解してもいいが、LGBTの暴走を許した瞬間を目の当たりにした気分だ。
ただでさえ、中と外が一致していても気持ちの悪い人はごまんといるというのに。

他にも、自分が男か女なのかすら決めたくない「Xジェンダー」なる厄介な人々もいるらしい。どういうことやホンマ・・・。

自分は鳥だと思っても、背中に羽ではなくコブがあれば、空ではなく砂の上を歩くほかないわけで、おっさんが女風呂に入って警察を呼ばれても、「自分は女だ」と言って通じるとでもいうのか??

仏教の言葉だったかに「心は形を求め、形は心をすすめる」などというものがあって、どちらかにしっくりくるように人間はできているわけで、Xジェンダーとやらは、軟体動物以下に奇妙な生き物のようである。
いきすぎたフェミニストや女性らしさをこき下ろしたカトリーヌ・ドヌーブも、さぞおかしげな思想であると思うだろう。

F1レースクイーンの水着はハレンチだからダメ、女性の美を競うミス・ユニバースも水着審査ダメ、女性さしさの強調がダメときたら、いったい、何を磨き競えばいいのだろう。

アラブの世界では、女がブルカを脱ぎ捨て街を歩き、車の免許までも取り出す時代なのに、先進国では、男らしさ女らしさを排除する動きになっている。

「公」よりも「私」で育ち、個性個性と砂粒の個に分解されてしまった人々は、「私らしさ」すら否定する段階にきているのか???
一体、世界は何がおこっているというのだ。

WONDERFUL STORIES(福岡公演)

7月7日・8日、マリンメッセ福岡にて開催されたAqoursの3rdライブ千秋楽に行ってきた。

ご存知、この日は未曾有の大雨にて西日本豪雨。交通網は寸断され、開催すらも危ぶまれたが・・・、現地が晴れたことにより予定通り開催する運びに。
確かに都市部はなんともない。風物の祇園山笠もやっている。博多駅でトイレを済ませ、コンビニで水分を購入し、携帯充電のためマクドで座ってハンバーガーなどかじっていると、いつもの楽しい遠征でしかない。

会場周辺の密度はいつのような気もするが、ニュースなどを見ていると、それどころではない気もしていた。そして少し不安になる。
「本当にやるのか・・・?」
しかしそれも杞憂だ。西日本の交通がマヒしても、九州四国が孤立しても、予定は淡々と進んでいく・・・。

この事で、会場までたどり着けなかったファンが大激怒、運営からの小出しの情報は、物販売切のツイートばかりで血も涙もない対応である。
これでは、炎上する・・・。
一部のファンは、日本各地を経由し、韓国から福岡に入ったツワモノもいるという。

このように、7日に現地にいることは、とてつもなく難易度の高い遠征になってしまった。
自然のすることはどうしようもないにせよ、筆者は、参加できただけ幸運である。

ライブの内容は、千秋楽にふさわしく、まあ良かったと思う。しかし、初日公演では、どこかキャストの言動がおかしくパフォーマンスも鈍かった。
MCでも不可解が連続する。自己紹介を忘れたり、快活なキャラが神妙になったり、普段は泣かない子がボロボロになったり、各々次期センターの宣言、全員に感謝を述べたりと意味深な発言も目立った。

Aqoursといえば、μ’sと比べると時間は浅いが密度は高く、圧倒的にわかりやすいコンテンツであったと思う。難しく言えばローコンテクストなグループである。
対してμ’sは、手探りの6年間により、ハイコンテクストなやり取りをファンと醸成、共有してきたイメージだ。

これが支持層の圧倒的な違いであると思うが、福岡公演初日では、Aqoursの対応が突如ハイコンじみていて、ファンは勘ぐり動揺し、「解散」の二文字が頭をよぎった。
限られた時間の中で輝くのが主題で、その物語は終わりに近づきつつあり、いかに着地するかの時期なのだ。

これらの話題が持ちきりで、初日の感想は憶測ばかりで埋まった。

翌日。

くもり。福岡市内は変わりない日曜。

初日とは変わり、二日目ファイナルは、どこか吹っ切れたようないつもの雰囲気で始まった。これがかえって、憶測の証明になっていく。モヤモヤしながらもライブは開幕。

相変わらず、すわわは可愛いし、トロッコは目の前まで来たし、近すぎてスカートの中が見えて、お!っとなってスパッツ履いているわで安心したり、可愛すぎて何度も酸欠になりかけた。

ステージ近くで観ていると、作り物の笑顔の合間に、ふっと素の表情が見えたりしてドキッとする。ひと目に晒され、メイクもこなれて来たから、「可愛い」から「美人」に変化しようとしているが、ときおり顔をプクッとふくらませるクセがブサイクで安心したりもする。

こういうところが、やはり限りある時間の中にいるなと思う瞬間であり、次なる4thライブを目の前に、終わりの始まりを実感するライブでありました。

そしてこちらは、恒例のすわわへのプレゼントBOX。1日目&2日目。

1日目。いろいろと節目の時期だったので、誕生日でもないのにプレゼント入れてしまった!

2日目。なぜか手紙はスタッフが回収ということでBOXには入れられなかったが、まあいいか。
今年に入って12通も書いてる自分、ほんまキモいです(汗)

おわり。

WONDERFUL STORIES(大阪公演)

6月16日・17日、大阪城ホールにて開催されたAqoursの3rdライブ大阪公演に行ってきた。

近くて、移動が楽で、最高である。
この日は、現地へ向かうまでの間、次なる福岡公演の当落日だったため、内心ビクビクしていたが、なぜかご用意されていて安堵した。
ほんま、持ってるな自分!ギャンブラーの誤謬でそろそろ落ちないと心配であったのに当たってるよよよ!!!
これで、心置きなく楽しめるというもの。

8500人というキャパは、大型会場にはない距離感。空調が効いているのでコンディションも良し。
振り返れば、埼玉公演からしてクライマックスだったため、大阪のセトリは埼玉のそれとほぼ同じだ。
ただ、難易度の高いパフォーマンスを埼玉で経験しているため、メンバーにもいささか余裕があって、楽しそうで見ていて嬉しい。

色気とは「余裕」とよく言ったもので、難易度の高いことを、さらっと笑ってやってのける姿に、湿ったうなじを見るかのよう。
ホント、上達していてドキッとした。

終了後の重大発表は、怒涛のイベントスケジュールに会場が湧くも、ライブ終了後は、全員真顔である。
多い、多すぎる・・・( Д ) ゚ ゚

これにはさすがに、メンバーの体調を危惧する人たちも。
筆者は、ライブやイベントは、日頃の努力をお披露目する、いわばハレの日だから怒涛のスケジュールなど知ったこっちゃないという立場であるが、大阪公演では喉の不調で歌えない子もおり、遡れば、各々、体調不良やケガを経験していたりする。

こういう状況を見ていると、過密すぎるスケジュールに疑問をもってしまうわけで、毎度お馴染み「私たちに、ついて来てくれますかー?」という言葉も息苦しくて虚しい響きに聞こえる。

また、怒涛のイベントが4thライブ前後に開催されるため、4thが3rdの単なる追加公演的な意味合いにすり替わってしまい、μ’sファンからも冷ややかな目。
供給が多すぎてオズボーン効果気味で、みんな、そろそろ疲弊してきたのではないか(汗)?

自分に少し聞いてみた。楽しいのか苦しいのか。確かにチケット戦争がちょっとしんどい・・・。
イベント減らしたら?と思う心理に認知的不協和に似た要素も混じっていそうで、こういうメンタルになっているのが嫌なのだ。
やはり、試されているなぁと再確認した、大阪初夏の陣なのでありました。

翌日。

今日も元気に大阪公演二日目。

セトリなんてわかっているのに、なぜ、同じ歌を聴きにわざわざ全国飛び回るのだとも言われる。
それは、捉える視点が違うから。動く美術館で今の瞬間を刻んでいるのだ。

今回は、席が近いので可愛さ5000%!
二日目のソロ曲は、埼玉で見えなかった部分を近くで拝めて感無量。
コンテンツに対しては、いろいろ思うことはあるものの、生まれてきてくれてありがとう!
すわわを見ているだけで、細胞が生まれ変わっていくようだ゚(; ・`д・´)

アイドルとは、向こうからやってくる・・・。デビュー当時はさして可愛いとも思っておらず、しばらくアンチの時代もあったが、冷やかしで参加したお渡し会で、はじめて話しかけてくれた子だから、これからも大事に応援していくぞ!!

投げ出したい時こそ
大きく変わる時さ
そこにきっとチャンスがあるから
あったから
動いてないと探せない
休んでも止まらないで

それでは、次は福岡公演にて!

そしてこちらは、恒例のすわわへのプレゼントBOX。1日目&2日目。

会場外に置いているものだから、みんなそこに入れて場内のBOXが空という状態が、なんとも物悲しくもじんわり可笑しい二日間なのであった。

おわり。


ここからは、ちょっと負の部分。

前回の埼玉公演に引き続き、大阪公演でも逮捕者が出た。
完全に犯罪者御用達のコンテンツである。μ’sファンとAqoursファンとの軋轢も激しく地殻変動も感じる。
なぜこんなにも、地続きのはずなのに、民度に差があるのだろうといえば、μ’sが2.5次元であったのに対し、Aqoursは完全に3次元で売っているから。
キャラが好きな人と、生身のアイドルが好きな人とでは、認識と行動に明らかな差があるのだ。
三流のファンは、アイドルが見たいのではなく、アイドルに見てほしい=認知されたいという思いのほうが強い傾向があり、3次元でこそ起こりうる特有の現象である。
運営は、これを商売にかこつけて見ないふりをしているし、3次元用の対応が不十分である。

ドラえもんミュージアムに行き、大山のぶ代のブロマイドがほしいかと言われればまた別の話であり、直接対話できないからこそ、ゆえのバランスが2.5次元にはあったのだ。

開口が広いことは良いことだと思うが、広げて中と外を売ってしまったがゆえに、閲覧可能なものとして勘違いしてしまう人々が増えてしまったというのが3次元の不幸であるように思う。
ファンとのいざこざ、キャストへの嫌がらせ、聖地への迷惑行為と、2.5次元では起こりえないことが続けざま。
おかしな人には注意喚起など届かないから、一週間前に予測したことがすでに現実のものになったではないか。

さて、修羅の国・福岡でもどんな問題&逮捕撃が見られるであろうか。
祇園山笠とともに見ものである。


そして、記録として書いておくと、ライブ翌日の6月18日、大阪で地震発生。
間一髪で帰ってこれたが、数時間違えば帰宅困難者に・・・。
ライブのあった大阪城ホールも天井が壊れたそうなので、一日違えばと思うとゾッとする出来事である。

WONDERFUL STORIES(埼玉公演)

6月9日・10日、埼玉メットライフドーム(旧西武ドーム)にて開催されたAqoursの3rdライブに行ってきた。
2ndライブの終着地から始まる3rdライブは、感慨深いものである。

当日の気温は32度と今年一番の暑さで、なかなか堪える。
そんな中、フラスタやくそデカチカちゃんのパンツなど見て小一時間ほど炎天下にさらされていると、お腹が痛くなってくるし足の裏が妙にしびれて来たりして熱中症の一歩手前を味わった(汗)

カバンに付けた温度計、37度・・・。
これは危険とそそくさ開場に入っていると、案の定、救護スペースで倒れている人続出でニュースになるだけの暑さである。

さておき、3rdライブ開幕である。

驚きと感動と笑いの詰まった、とてもいいライブで、中でも、杏ちゃんのロンダートからのバク転は、ステージ横のスタッフをもハイタッチさせるほどのものだった。
喜びと安堵からくる複雑な感動と、過去の自分を乗り越えたような音が聞こえた。こんなこと、普通のアイドルにはできないぞ!!

また、サプライズにて(←知ってたけど)SaintSnowが加わって、函館ライブでは披露されなかったSaintAqoursSnowの「Awaken The Power」が聴けたことで、ようやく想いが回収できた感じだ。本当に、満足。

他にも、筆舌に尽くしがたい思いで、1日目のライブは終了した。
参加者のみなさん、おつかれさん。

翌朝。

あいにゃの写真集の展示物を見に秋葉原へ。
にゃー可愛い!ホント可愛い!!この子が、地元(北海道)で民謡の大会を総ナメにして、一番小さいのに一番声の圧がすごくて、グイグイと引っ張られるように聴き入ってしまう。
本日のライブソロ、楽しみであります。

道草食ったが、今日も今日とてメットライフドームへ!
昨日と打って変わって土砂降りの19度・・・。寒暖の差が激しくて、いよいよ体調が狂いそう。。。。

二日目は、開演間際に席についたが、寒いのか隣近所が、トイレに入れ代わり立ち代わり落ち着かない模様。
スタンドでは、雨が吹き込み背中が冷たい。なんと過酷な出だしであろうか。

ライブ中は、ほとんど水分補給を要しないほど快適であったが、すわわのソロで叫びすぎ、少し頭がくらついた(汗)
35にもなると、推しの子を恋愛対象や女の子としては見ておらず、「うちの子可愛い!」になっていて、はしゃぎ方が妙なのだ(爆
ほんとキモくて、つらたにえんです。

終了後は、早くも4thライブ・東京ドーム公演が発表され、動揺と賛否が巻き起こったが、そんなこんなで、驚きと感動の埼玉公演は無事終了し、次なる大阪公演につながっていくのでありました。

ココロに刻むんだ この瞬間のことを
ココロに刻むんだ この瞬間のことを 僕らのことを
イマを重ね そしてミライへ向かおう!

次は、大阪公演にて!!

そしてこちらは、恒例のすわわへのプレゼントBOX。1日目&2日目。

認知されたいわけではないが、想いを伝えたい気持ちがとにかく強くて、結局、両日入れることになる。
いや~、筆まめって本当にめんどくさい性格ですね。

一旦、おわり。


ここからは、影の部分を書いておきたい。

今回のライブは、両日で逮捕者が2人も出るという異例のライブとなり、テレビニュースにもなってしまった。
爆破予告に器物損壊、チケット偽造は警察沙汰として、会場内でも暴れる殴る走り回るわでスタッフとの大捕物が展開され、かなりの人数が退場をくらった。

会場外では警官がずらっと立っているわ、アリーナ席ではスタッフがゲートを押さえて動けないようにするわで異様な空間。

おそらくおバカは、病気(アスペルガー)なのであろう・・・。彼らは、けっこうな割合で患って世の中に潜伏しているらしいので、ドームクラスのライブなら数百人ほどいてもおかしくはない。ないが、μ’s時代を振り返って、これほどまでに民度の低いファン層は、味わったこともなく、なるほど肌感覚でわかるほど、ファン層の入れ替わりが激しいものであるかのよう。

確かに、アイドルやオタク性のあるものは、脳の中枢神経に異常があるとすっぽりハマって没頭しやすい。
事実、μ’s時代には見向きもしなかった人たちがファンとして多く流入してきたし、変の度合いの質がまったく違ったものに変化している。

これらの積み重ねが、治安の悪さを作り出しているのは事実であるが、新幹線の殺傷事件のように、厳格な身分素行チェックができるわけもなく、アスペルガーには、逮捕者が出ようが抑止力にもならず、同じことが繰り返されていくであろうと予測している。

もはや、人海戦術により変な奴は根こそぎ退場という弥縫策しか、今の日本には残されてないのであろう。嗚呼、かわいそやかわいそや・・・。

もう一つの影の部分は、今回のライブで発表された4thライブ・東京ドーム公演である。
3rdツアー初日に4thの発表にて動揺するのはしかたがない。なぜなら、コンテンツを生み出す速度とライブにて消化していく速度が早すぎるから。これは、わかる。筆者とて、ちょっと早いと感じているのだ。

とりわけ、μ’s時代からの一部ファンからは、東京ドームはμ’sの終着地で聖地とされているため、Aqoursごときにはまだ早い!しかも、東京ドームがゴールではなく通過点とは何事だ!と怒り心頭で3rdライブで嫌気を指す人が続出した。

これは、デリケートな問題である。
ライブをぶち壊す厄介勢でなければ、いろんな考えがあってもいいと思っているから、冷静に観察しているが、ここにきて賛否を起こしてしまうコンテンツの管理姿勢、つまり運営のいやらしさにファンはナナメからしか見えなくなるのだ。

先人に対する最大の敬意は、先人を乗り越えて過去のものにすることであろう。
μ’s原理主義者というものは、どちらかといえば教条的発想で捉えているから、基準を越えたらアウトと見る。
μ’sの奇跡を守るのが善としているのであろうが、結果、急進的な発想に旋回し、コンサバティブな立ち位置から脱線し始めている気がする。

どちらも、筆者からみればささいなことであるが、今後は、アスペルガーと原理主義者にかかわらないよう、嗜んで行こうと思います。

おわり。

HAKODATE UNIT CARNIVAL(函館2日目)

函館、二日目。二日目の朝は、パンケーキとコーヒーから始まる。
これで500円?!とか意識しては負けである。

会場まで、徒歩30秒なので優雅にだらだら、すわわへの手紙など書いて過ごし早めに移動。

本日も良い天気です。

函館の会場は、ロビーにプレゼントBOXがあるため開場前から埋まっている。
本日も、お手紙を投入。

昨日も入れたやん?というのはナンセンス。2DAYSあれば、二日目は初日の感想を書くのが常識である。
筆まめだからわかるが、こういうのが「効く手紙」なのである。

昨日は、気づかなかったが「茶房菊泉」からフラスタが届いているのを見つけて静かに興奮。
娘たち、頑張っていますよ・・・。

本日は、スタンドで応援。なんだスタンドかと思いきやスタンド最前のステージ横。
お隣さんと歓喜の声で盛り上がる。近い、近すぎる・・・。3メートルもない。

始まってみると、本当に近くて手を伸ばせば確実に届く距離。
目の前で手を振ってもらえたり投げキッスをくらったりと、無事、死亡案件となりました。
こんなにも近くでおすわさんを拝めたのは、お渡し会以来であろう。可愛すぎて生きているのが楽しい。

肝心のライブはというと、またもや賛否両論。
なぜかといえば、ユニットカーニバルだから、各々ユニット曲を3rdライブ前に消化していくのはいいものの、SaintSnowとの合同で確実に歌うであろう「Awaken the Power」を2日とも披露しなかったこと。アンコールもなく塩ライブとの汚名も。
この函館公演は、急遽開催が決まったこともあり、感のいい人は、6月から始まる3rdツアーに向けて、楽曲消化と練習を兼ねているであろうことは想像できた。

しかしながら、SaintSnowとAqoursが一緒になって函館で歌うはずであったメインの曲だけ省くのは、一部のファンから批判が上がったのも事実。
11人が一丸となって、新たな試みから生まれる眠った力が目覚めるという主題、五稜郭を彷彿とさせる星型のフォーメーションは、函館でやらずにいつやるのだという想いが爆発した形だ。

本当に、わからんでもない。

セカイはきっと知らないパワーで輝いてる
だからいつまでもユメの途中
セカイはきっと知らないパワーで輝いてる
なにを選ぶか自分次第さ

というフレーズにとても元気をもらえる。

いろいろと思うことはあったが、函館まで来て本当によかったと思える二日間であった。

その後、一緒に歓喜した隣の人と五稜郭に行ったりして興奮冷めやらぬ二日目の観光である。

ちょうどこの日は、桜の見頃。
徳島の感覚では、不思議な光景である。
沖縄は梅雨入りしたそうであるが、北海道では桜の季節、ああこれが日本なのだと、こんなところで確認してしまった。

ひとしきり観光して宿(ドミトリー)に帰ったら、今日も今日とてお疲れ会。
一階がミュージックバルなのだからしかたがない。何かをやっていると、しぜん人は集まるのだ。
この日は、一人で座っていたが、とっかえひっかえ5人の男女と知り合いになり、こういう交流も面白いものだと思う35歳なのであった。

それでは、函館公演に参加されたみなさま、お疲れさまでございました。
次は、さいたま公演でお会いしましょう!