HAKODATE UNIT CARNIVAL(函館1日目)

去ること4月27日・28日、北海道は函館で開催された、「Saint Snow PRESENTS HAKODATE UNIT CARNIVAL」に行ってきた。

は~るばる来たぜ函館~♪

それにしても、遠い。遠すぎる。なぜこんな場所で?!と驚いてから五ヵ月・・・。
ここまでの道のりは、近年ライブ遠征史上、最高に難易度の高いものになりました。

まず連休の北海道という日時と立地に、出演者の人気とキャパに不釣り合いな会場(函館アリーナ)、交通手段や宿の少なさによる旅費の高騰という三重苦である。
チケットもかつてなく高騰し、さしずめ嵐やAKBである。よくぞ、両日参加できたものである。

当然ながら、函館は徳島よりも肌寒い。地形が似ているからか、街並みや景色が徳島とどことなく似ている。
開拓の始まりの地だからが、本場のどさんこの言葉は、東北の人が無理して標準語を話しているかのようなイントネーションで、その田舎っぽさに落ち着いた。
縦に並んだ信号機や地面に埋め込まれたかのようなレールの路面電車は、まさに北海道に来た感じである。

ライブ開始まで時間があったので、軽く観光のため八幡坂やらベイエリア、そして念願の茶房菊泉まで行ってみた。
SaintSnowの理亞ちゃん家ですよ理亞ちゃん家。
みな、考えることは同じでごった返していますががが。

趣があってええなー!この日は、客が多すぎて営業せず観覧のみ。
後でわかったことであるが、こんな小さな茶房に4000人ものファンが訪れたのだという。

来られすぎても困るパターンですな。

そんなことをしたりして、会場の函館アリーナに移動。
目の前に路面電車走っているしcoopがあって買い物できるわで、なかなか良い立地である。

入り口をくぐったら、恒例のすわわへお手紙。プレゼントBOXがやたら小さい。
しゅかやきゃんは、プレゼントが多すぎて崩れてくる始末で、なぜこんなカゴにしたのか意味がわからんが、さておきライブがいざはじまる。

初日は、アリーナで応援。
すわわ属するAZALEA推しではあるものの、SaintSnowがとにかくカッコよくて痺れた。いかん、これハマるパターンやん。

ライブにいたっては、賛否両論あったが、なかなか新しい試みでよかったと思えた。二日目も期待である。

そして、近くのミュージックバルでお疲れ会。
なぜ、函館に来てキーマカレー食べるのかはスルーしてください。

それでは、二日目に続く。