Landing action yeah!!(千葉)

3月10日・11日、千葉は幕張メッセで行われたAqoursのファンミーティングに行ってきた。

11月から始まった9都市21公演も、いよいよ千秋楽である。
この間、あちこち遊びに行ったが、やはり千葉公演は会場が大きいため、全国から集まったファンらでごった返し、今までの集大成となりました。

隣の会場では、AKBのイベントをやっていて、オタクの混じり合うカオスな空間、いつか見た光景を思い出しつつ、いざ入場!

初日は、アリーナ最前列という神席を引き当て近すぎて死にそう・・・。
隣近所と、興奮と歓喜の会話で盛り上がる。
すわわ側でこそなかったが、しゅかが近くて推しの方々、スミマセン。

それもこれも、常日頃から断捨離しているおかげであろうか、風水的にツキがまわってきてるな!!

内容は夢見心地で、最高に笑って泣いて終わるのであった。

最後のお見送りは、参加人数が多いため、出口ゲートの上からキャストが手を振り、その下を通って退場するという、さしずめ選挙演説か一般参賀である。

距離が遠いので、手を振って終わりであるが、手を振れたことに満足であります。

翌日、二日目。初日で足を挫いたあいにゃが急遽ドクターストップ。
泣きながら謝るあいにゃに会場がイメージカラー一色に光りうるっとした。

二番推しで残念であったが、函館に向けてお大事に。

そして、また笑って泣いて全公演終了!!
さみしい感じもしたが、ファンミ2周目も決まり、またもやチケット戦争の始まりであります。

ファンミーティングとは不思議なもので、ファンとの一体感を確認できて、終わるとなんともなしの充実感と物悲しさが湧いてくる。

しかし今日は違う。目の前には、まだまだ楽しいことがたくさんあり、今日のこの日はただの通過点なのだと思える。

最後に合唱した歌に、

やり残したことなどない
そう言いたいね いつの日にか
そこまではまだ遠いよ
だから僕らはがんばって挑戦だよね♪

というフレーズがあり、まさに通過点を実感させてくれる日であった。

スケジュールがキツくてもお金がなくても、チケットがなかなかとれなくても、なんとかやってのけて参加する。
この作業を淡々と乗り越えた者だけが味わえる充実感は、他の場面でも肥やしになっていくのだろう。

温度の低い人たちは、地元で燻って、指でも咥えて泣いていなされ。

二日目お見送りもすわわゲート一直線。ダメ元叫んでみたら「?お!?」的な表情で、見つけてもらえただろうか(汗

いや〜、ファンミって本当にいいものですね。

そして、こちらは恒例のプレゼントBOX。
一日目・二日目共に、一番でお手紙キメたった。

次は函館に入れに行くでーー!!